v
Cxg
ANZX
uO
ptbg_E[h
vMAP
oq
H
vf[^x[X
tH[

vCxgJ_[

前月 昨日 2018年 10月 12日(金) 明日 翌月
月表示 週表示 予定一覧表示
 (継続中)
H30久万美自主企画展「久万美 いま 30th」
現在、町立久万美術館開館30年を記念して、「久万美 いま 30th」を開催中です。
当館は、2018年度、開館30周年を迎えました。日本の近代洋画、近世・近代の書画、愛媛の陶磁器合わせて319点。井部栄治氏(旧久万町出身の林業家)から寄贈された作品でスタートし、年1、2回の自主企画展を続けながら、収蔵品の拡充にも取り組み、収蔵品は現在、約930
点。小さいながらも、本格的な美術館として歩み続けてきました。
今回の企画展は、第1部「井部コレクション」、第2部「久万コレクション」の2部構成。

井部コレクションは、かつて「異端」と呼ばれた大正・昭和初期の作家たちを核にして、日本近代洋画の歩みが体系化されています。第1部は小出楢重、中村彝、靉光、藤田嗣治らを加えることによって、井部コレクションの本質、精神をより明確にする試み。第2部ではこの30年間、「新たに価値の創造」をモットーに収蔵してきた作品を展示します。戸谷成雄、多和圭三ら企画展を開いて収蔵した立体、さらに岸田劉生、山本鼎、伊丹万作ら久万美術館ならではの作品を公開します。ぜひご鑑賞ください。

会期:9月8日(土)〜12月16日(日)
第1部 「井部コレクション」9月8日(土)〜10月31日(水)
第2部 「久万コレクション」11月10日(土)〜12月16日(日)

※11月1日(木)〜11月9日(金)は、展示替え作業のため臨時休館とさせていただきます。

開館時間:9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、火曜日が休館)

 
 (継続中)
「かしの里づくり」第 5回かかしコンクール
【場所】 久万高原ふるさと旅行村
【情報】 展示期間: 9月28日(金)〜11月4日(日)
審査期間:9月28日(金)〜10月21日(日)
表彰: 11 月 4日(日)森のハーバルライフ2018 秋にて実施予定
【内容】 久万高原をイメージしたオリジナルの手作りかかしを募集・展示し、水田地帯にかかしが立ち並ぶ農村の原風景を再現します。審査期間中は来場者による人気投票の受付を行いますので、お気に入りの1空だを見つけて投票してください。

 
 (継続中)
面河山岳博物館 秋の企画展「モズのはやにえ」
期間:9月29日(土)〜11月25日(日)

観覧料:一般300円、小中150円

里山に生活する野鳥モズは、バッタやカエルなど獲物をトゲなどに突き刺して、そのままにしておくという習性をもっています。これは「モズのはやにえ」と呼ばれていますが、何のために行われているのかはまだ明らかにされていません。「冬の貯蔵食」「なわばりの誇示」など複数の説があり、現在も研究が進められています。今回の企画展ではモズの生活やこの変わった習性について、標本や模型・写真・解説パネルで紹介します。

 

  年       <今日>
piCal-0.8 印刷

QRコードおいでや!久万高原推進協議会 〒791-1201 愛媛県上浮穴郡久万高原町久万188(久万高原町商工会内) TEL/0892-21-2061 FAX/0892-21-2361
Copyright Oideya kumakogen. All rights reserved.